太陽光発電のメリット

太陽光発電システム

 固定価格買取制度導入以降、他の再生可能エネルギーと比較して導入量が大幅に増加している太陽光発電について、そのメリットを整理してみます。

エネルギー源がクリーン

 太陽光発電では、太陽光のもつエネルギーを直接電力に変換するため、火力発電などと異なり発電時に二酸化炭素を発生させることがなありません。

 地球温暖化の主な要因とされている二酸化炭素を排出しないことは、地球環境に対する負荷が低いという点で非常に大きなメリットと言えます。

エネルギー源の枯渇の心配がない

 火力発電などに使用する石油や石炭といった化石燃料は、現在のペースで使用し続けると数十年から数百年の間に枯渇してしまうと言われています。

 これに対して太陽光発電のエネルギー源となる太陽光は、日々地表に降り注いでいるので半永久的に使用するとこが可能で、枯渇の心配のないエネルギーということが言えます。

メンテナンスが容易

 太陽光発電は、半導体を用いて光を直接電力に変換するため、発電機構の中にタービンなどの機械的な要素を含みません。

 そのため、機械的な故障の心配がなく、メンテナンスが容易で設備の寿命が長いという利点があります。

 太陽光発電システムを構成する機器の中で最も複雑な構造をもつパワーコンディショナーを含む、ほとんどの設備が電子部品で構成されていることから、各設備の耐用年数は10年以上と長く、設備交換などのメンテナンスの頻度が低くて済む点も太陽光発電のメリットの一つといえます。

送電ロスの抑制が可能

 火力発電や原子力発電といった発電方法では、多くの場合主な消費地である都市部から離れた場所に発電所が建設されます。

 この遠くにある発電所で発電された電力を消費地まで送電する際には、電線の抵抗成分などによる送電ロスが発生し、一部の電力が無駄になってしまいます。

 太陽光発電は住宅の屋根やビルの屋上といった、電力の消費場所に非常に近い場所で発電を行うことが可能なため、送電によるロスを小さくすることが可能です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ