太陽光発電のデメリット

太陽光発電システム

 太陽光発電のメリットのページで紹介したように、太陽光発電には多くのメリットが存在します。

 しかし、その一方で以下のような今後解決していかなければいけないデメリットも存在します。

比較的高額な設置費用

 太陽光発電が多くのメリットを持ちながら普及が限定的であった大きな理由の一つに、その設置費用の高さがあります。

 太陽光発電システムの普及や技術革新により設置費用は徐々に下がってきており、現時点では、発電した電力の売電収入などにより10数年で設置費用の回収が可能な水準になっています。

発電量の変動が大きい

 太陽光発電では、エネルギーを太陽光に依存しているため、その発電量は天候に大きく左右されます。

 日照の得られない夜間に発電できないのはもちろん、曇天や雨天時にも発電量は大きく低下します。

 この発電量の変動の大きさは、太陽光発電システムを設置している家庭での影響だけでなく、逆潮流による売電量が多くなった際に電力会社の電力系統が不安定になるなどの影響が懸念されています。

 この発電量の変動への対策としては、電力貯蔵用の蓄電池を用いた平準化への取り組みが行われています。

設置に大きなスペースを必要とする

 太陽光発電は他の発電方法と比較して、同じ発電量を得るためにより大きな面積を必要とするというデメリットも存在します。

 この点についての対策としては、家庭用の屋根や工場や倉庫などの屋上を有効活用するとともに、より変換効率が高く小さい面積で大きな発電量を得られる太陽電池の開発が進められています。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ