風力発電

風力発電

 風力発電は、地上や洋上に風車を設置し、風の力で風車が回る際に生じる回転運動のエネルギーを発電機で電力に変換する発電方式です。

 風車の形状は様々なものが研究されていますが、一般的に発電される電力は風速の3乗に比例して大きくなるとされています。

風力発電のメリット

火力発電との比較

 風力発電は、自然の力である風力を利用するため、化石燃料を使用する火力発電と比較して、発電時に二酸化炭素などを一切出さない、燃料費が無料というメリットがあります。

太陽光発電発電との比較

 太陽光発電と比較した場合には、風が吹いていれば夜間でも発電可能なため設備利用率が高く、発電コストが低いというメリットがあります。

風力発電のデメリット

出力変動が大きい

 風力発電の発電電力は基本的に風任せとなるため、太陽光発電と同様にその出力は変動が大きなものとなります。

設置に適した場所が偏在している

 風力発電は、年間を通じて一定以上の安定した風が吹いている地域でないと採算が取れません。
 採算が取れる目安は一般に平均風速が6m以上の地域と言われており、日本では接地に適した環境が北海度や東北の日本海側及び沖縄の島々に偏在しています。

系統連系の問題

 風力発電の適地は、人の住まない地域が多く、送電網が整備されていない場合が多く存在します。
 このような場合は、風力発電で作り出された電力を利用するために新たな送電線を準備する必要があり、多くのコストがかかってしまします。

環境に関する問題

 風力発電の適地は、豊かな自然環境を有する景勝地である場合が多く、風車の設置により景観が損なわれるという問題があります。

 また、風車の発する低周波音による人体への影響や、バードストライクと呼ばれる鳥の衝突など、生活環境や生態系に関する問題も多く存在します。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ