太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーへの期待が高まっている

地球温暖化防止への意識が高まる

太陽光発電システム

 現在、発展途上国の経済発展に伴うエネルギー需要増加などから、世界的に石油・石炭といった化石燃料の使用量が増加しており、このことを背景としたCO2排出量増加による地球温暖化への懸念が高まっています。

日本国内では脱原発依存を求める声が強まる

 一方、日本国内では2011年3月11日に発生した東日本大震災と、この地震に伴い発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故により、「脱原発依存」を求める意見が強まっています。

公的制度がが普及を後押し

住宅用太陽光発電システムが先行普及

 日本国内の太陽光発電市場は2005年度で助成金制度が打ち切られたことなどを背景に一時期低迷していましたが、2009年1月に住宅用太陽光発電システムに対する補助金制度が再開されたことや、2010年11月に余剰電力の買取制度が開始されたことを追い風にして、住宅用太陽光発電システムの普及速度が加速しています。

大規模太陽光発電システムの建設も急増

 また、2012年7月に施行された再生可能エネルギー特別措置法により、10kW以上の太陽光発電システムで発電された電力の全量を電力会社が固定価格で買い取るよう義務付けられたことにより、多くの事業者が太陽光発電事業に参入し、各地でメガソーラーと呼ばれる大規模太陽光発電所が建設されています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ